Top Menu > 技術情報INDEX

SpectraSoft

オーバーレイ・メモリー機能

 


*)モデルにより差異があります


機能概要: Spectrumビューに配置される「OverlaysPLUS / PRO / LABモデル)及び「MemoriesRTAモデル)機能は、データの多重表示や演算表示を可能にします。データの比較観察に有効な機能です。 PLUS-SCモデル(v.5.3)は14ch対応です。



SpectraPLUS                                              右下の赤丸ボタンによりOverlays機能をオン、オフ可能です。

 

OverlaysPLUS / PRO / LABモデル)

MemoriesRTAモデル)

操作はSpectrumビュー右上のボタンとチェッククボックスで行います。各チャンネル毎に数個のオーバーレイメモリーを用意しています。 「Options」ボタンをクリックすると、「Overlay Management」ダイアログが現れ、オーバーレイデータの保存、読み出し機能にアクセスできます。「Legend dispaly size」はオーバーレイラベル用文字長設定値です。


SpectraPLUS

操作概要:

 


 

SpectraRTA