Top>

SpectraSoft

 ハードウェア・ライセンスキー と ドングルデバイス

 



USB HARD-KEY DONGLE

 

 SpectraPLUSは使用権を提供するためのライセンスをご購入頂く商品です。ご注文後、ライセンスを生成する「オーソライゼーションキー」をお届けします。

 ライセンスは次のいずれかの方式でご使用頂きます。ライセンス方式のご選択はお客様のご意向次第です。それぞれの特徴をご理解の上お選び下さい。

 ソフトウェアキー・ライセンス方式の長・短所は次の通りです。

*) 使用許諾契約書に記述されていますように、ライセンス失効事故に遭遇した場合、SpectraPLUSの欠陥を原因としない限り、基本的にライセンスの無償提供は承りません。何卒ご了承下さい。
*) ソフトウェアキー・ライセンスは、ライセンス取得のためにお客様ご自身のコンピュータをご操作のうえ、所定の手続きをおとり頂くことになります。詳細説明は
こちらをご高覧下さい。

 ハードウェアキー・ライセンス方式の長・短所は次の通りです。

*) ハードキードングルを紛失することは"ライセンスを含めた商品"を紛失することです。新規購入が必須となりますので慎重に管理下さい。

 SpectraPLUSの使用環境を十分に管理可能な場合は、ハードウェアキーの必要性は高くないかも知れません。しかし、共用コンピュータにSpectraPLUSをインストールしたり、複数のコンピュータにライセンス転送操作を実行したり、あるいはモバイルマシンでご使用の場合は、ライセンスの失効事故を防ぐためにハードウェアキーのご検討をお勧めします。

*) ソフトウェアキー/ハードウェアキー、両ライセンスキーともに、SpectraPLUSを使用するコンピュータは特定されません。SpectraPLUSをインストール
  した
コンピュータのいずれでも使用可能です。ハードウェアキーではハードキードングルを差し替えることにより、ソフトウェアキーではライセンス転送
  操作を行うことによりライセンスが認識され、使用可能となります。
ライセンス転送の詳細はこちらでご覧下さい。
  1つのライセンスを同時に、複数のコンピュータで使用することは出来ませんのでご留意下さい。

 また、ハードウェアキーはSpectraDAQ-200データ集積デバイス/サウンドカードに収納することが出来ます。この場合、ハードキードングルは不要です。


マルチユーザー・ネットワーク・ライセンス
前述ハードウェアキー・ライセンスと同一デザインのドングルを使用しますが内部プログラム仕様が異なり、マルチユーザー・ネットワーク・ハードキー専用ドングルとなります。詳細はこちらをご覧下さい。


 

ハードウェアキーの使用手順

 

デバイス・ドライバ(Ver.7.5.8)はこちらからダウンロード可能です。

 

  1. ハードキーデバイスを装着せず、デバイス・ドライバーをインストールします 説明書.pdf
  2. ハードキーデバイスを装着してSpectraSoftを起動します
  3. メニューバーから<License>-<Status and Authorize>をアクセスします
  4. SpectraPLUSシリーズの場合はダイアログで、「◎Hardware Key Attached to this machine」を選択します
  5. ダイアログボックスのタイトルバーに「Hardware Dongle is active」と表示されていれば完了です
  6. もしくは、デバイスマネージャで確認します 説明書.pdf を参照下さい

*) この操作は一度のみ実行します。ドングルを差し替えることにより、任意のコンピュータでSpectraSoftをご使用可能です。対象コンピュータにはあらかじめSpectraSoftとハードキー・デバイスドライバをインストールして下さい

*) マルチユーザー・ネットワーク・ライセンスの場合ドライバは共通ですが、詳細操作は別途資料をご参照下さい

 


Top Page |