Top Menu > 技術情報INDEX

SpectraSoft

テキストフォームデータ処理機能

数値化処理機能

 


*) モデルによって差異があります。


概要:データをテキストフォームで表示、処理する機能が種々提供されています。

リアルタイムに表示するための機能

コピーと貼り付け機能

ディスク保存と読み出し機能

マーカー機能


 

1) リアルタイムに表示するための機能

この機能はマウス右クリックメニューに提供されています。選択すると数値テーブルが現れます。
 
  • <View Data Values> (SpectraPLUS/LAB/PRO)
  • <View Spectrum Table> (SpectraRTA)

 

  この機能はマウス右クリックメニューとビューツールバーの「Mrk」ボタンに提供されています。設定した周波数位置のマーカに数値データを表示します。Markersの項を参照下さい。

 

 


 

2) テキストデータをコピー、貼り付けするための機能

この機能はマウス右クリックメニューに提供されています。グラフ全体あるいは指定範囲のデータをコピーアンドペーストして、ワープロや表計算ソフト等で利用することができます。周波数データとレベルデータはタブセパレータで分離されています。

 

 


 

3) テキストデータをディスク保存、読み出しするための機能

データをテキスト化してファイル保存する機能は前述2項の他に2通り提供されています。

 

オーバーレイ機能(詳細):

    この機能はグラフ上のデータを多重表示をして比較を容易にすることが目的ですが、メモリにストレージされているデータをテキストフォームで保存し、またロードすることも可能です。

データフォームは前項と同様です。ファイル拡張子は次の通りです。

  • (.ovl) (SpectraPLUS/LAB/PRO)
  • (.mem) (SpectraRTA)

 

データロギング機能(詳細):

この機能は設定した種々の条件に則したデータをリアルタイムにハードディスク上に書き込みます。ファイルの拡張子は(.txt)です。ファイルネーム、ビューワは自由に設定可能です。図8はワードパットでファイルを読み込み表示した例です。設定条件によってはファイルサイズが非常に大きくなりますので、ハードディスクの空容量を確認して下さい。